お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NECがLinuxベンチャーHDEのメール配信システムをJR九州に納入

2004/01/08 19:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは九州旅客鉄道(JR九州)からOne to Oneマーケティング用の電子メール配信システムを受注・納入したと発表した。納入した電子メール配信システムはNECのIAサーバ「Express5800」3台と、Red Hat Linux 7.3、ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)の電子メール配信ソフト「HDE Customers Care」で構成される。

 詳細は明らかにされていないが、受注金額は総額で2000万円前後と見られる。NECの広報担当者によれば「Linuxを採用したことで、同様のシステムをUnixベースで構築した場合と比べてコストを削減できた」という。JR九州では自社のカード会員や旅行クラブの会員向けにメールマガジンを発行している。従来は外部の業者に配信を委託してきたが、自社でシステムを運用することにより、コストを削減し、より細やかなサービスが可能になるという。NECでのHDE Customers Careの納入は今回で3件目となるが、同社では今後大企業向けのメール配信システムの需要が増加すると見ている。

 HDEはLinuxサーバ用の管理ソフトの分野で成長してきたベンチャー企業。日本オラクル初代社長で現サンブリッジ社長のアレン・マイナー氏が取締役に入っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社