お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本ユニシス、「価値組」企業になるための社外アドバイザーを導入

2003/10/29 20:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシス株式会社は10月29日、社外の学識専門家や経済人など有識者をメンバーとした「顧客価値創造経営アドバイザリー・コミッティー」を設置したと発表した。経営者の視点で「企業が直面する経営課題」および「それらの課題をブレークスルーするための経営革新の着眼点」に関して議論する。

 顧客価値創造経営アドバイザリー・コミッティーの参加メンバーは、F.ウォーレン・マクファーラン ハーバード大学経営大学院教授、國領二郎慶應大学教授、鈴木敏文イトーヨーカ堂会長、松原彰雄トヨタ自動車専務など10名。今後、増員の可能性もある。

 日本ユニシスでは、同コミッティーにおいて行われた議論・提言をもとに、「企業が、より大きな付加価値を顧客に提供できる『価値組』企業へと革新していくシナリオ」と、「そのシナリオ実現に向けたITによる解決策」を、企業経営者らに対し広く提案していく予定。同コミッティーの定例会は1年間に2回から3回開催され、第1回の定例会は11月27日だ。

日本ユニシスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社