お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTデータ先端技術、Linux普及促進団体のOSDLに参加

2003/09/25 15:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープン・ソース・デベロップメント・ラボ ジャパン(OSDLジャパン)は9月25日、NTTデータ先端技術がメンバーに加わったと発表した。

 OSDLジャパンは、Linuxの普及促進を図る非営利団体Open Source Development Lab(OSDL)の日本支部に相当する組織。OSDLは、特にデータセンターや通信事業者といった企業分野にLinuxを広める活動を展開している。

 同団体への参加理由について、NTTデータ先端技術の代表取締役社長である三宅功氏は、「今後エンタープライズおよびキャリアのITシステムに積極的にオープンソースを適用していくには、OSDLを通じての開発コミュニティや関連企業との情報共有、共通課題の認識、その解決に向けたアクションが必須と判断したため」と説明する。

 OSDLメンバーとなったことで、同社はLinux推進活動に協力するとともに、OSDLが推進するデータセンターLinuxおよびキャリアグレードLinuxの活動にも参加するという。

 なお一部報道では「通信用Linuxを開発するためにNTTグループとしてOSDLに加盟」とされていたが、NTT広報室では「グループとしてOSDL加盟を検討していることは事実だが、具体的なことは決まっていない。NTTデータ先端技術の加盟は本日の新聞報道のようなグループ全体としての取り組みではない」としている。

オープン・ソース・デベロップメント・ラボ ジャパンのプレスリリース
NTTデータ先端技術
Open Source Development Lab(英文)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社