お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT-MEと日本HP、中小事業所のIT化に向けた各種ソリューション提供で協業

2003/09/12 10:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT-ME(石川 宏社長)と日本ヒューレット・パッカード(日本HP、樋口泰行社長)は9月11日、中小企業や地方自治体などに「Windows Server 2000/2003」およびLinuxサーバーの導入促進を図り、e-Japanの発展に向けたIT化の推進において協力していくことを発表した。

 NTT-MEでは、これまでも中小企業や地方自治体などの中小事業所に向け、「Windows Server 2000/2003」を中心に、各社のサーバー導入およびソリューション提供を行ってきた。しかし、Linuxサーバーへの需要が高まるなか、WindowsとLinuxの双方に対応し、信頼性が高く、コストパフォーマンスに優れたIAサーバー製品を取り扱う必要性が増加していた。

 一方、日本HPでは、「HP ProLiant」ファミリにおいて、さらなる顧客満足度向上に向けた新施策「ProLiantレボリューション」を展開するなど、信頼性と価格競争力に優れたWindows/Linuxサーバー製品として同製品を全国の中小事業所に広く展開するため、これらの市場に強いパートナーを模索していた。

 こうした背景に加え、両社はすでに、SE人材育成において協業関係にあったことから、育成した人材を活用したさらなる協力関係を築くため、今回、中小事業所に向けた日本HPのサーバー製品を軸とする各種ソリューション提供に向けて協業することにした。

 今後、NTT-MEは、日本HPの正規販売店として、中小規模オフィス向けサーバー「ProLiant 300」ファミリおよび「tc2120」を中心に顧客に提供するほか、「Windows NT Server 4.0」から「Windows Server 2000/2003」への移行支援および、移行時の「ActiveDirectory」構築などについても積極的に取り組んでいく。

 また、ユーザー個別のシステムインテグレーション案件や、中小事業所に最適なネットワークストレージ製品(NAS)、LAN製品(ルータ、スイッチ)などの関連機器への要望にも応えていく予定。

 さらに、相互に協力し、サーバー単体だけでなく、ERP、CRM/SFAパッケージなどの各種業務アプリケーションや、VoIP電話などのIP通信サービスを含めた中小事業所向けの各種ソリューション、サービスなども併せて提供していく。

NTT-ME
日本ヒューレット・パッカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社