お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デル、Xeon搭載1Uラックマウントサーバを発売

2003/07/08 16:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルコンピュータは7月8日、インテルXeonプロセッサを最大2個搭載できる1Uサイズ(高さ約4.4cm)のラックマウントサーバ、PowerEdge 1750の販売を同日より始めると発表した。搭載可能なプロセッサの動作周波数は、3.06GHz、2.8GHz、2.4GHzのいずれか。

 フロントサイドバス(FSB)クロック周波数533MHzのServerWorks GC-LEチップセット、ギガビット・ネットワーク・コントローラを採用する(ただし、当初販売する製品のFSBクロック周波数は400MHz。533MHz版は後日対応予定)。メモリはDDR SDRAMを最大8Gバイト内蔵可能。Ultra320 SCSIコントローラを2つ搭載する。電源など各種コンポーネントは稼動中に取り外しが可能なホットプラグに対応し、「優れた耐障害性を実現している」(デル)。

 対応OSは、Microsoft Windows 2000 Server(日本語版/英語版)、Microsoft Windows 2000 Advanced Server(日本語版/英語版)、Red Hat Linux 9、Red Hat Linux Advanced Server 2.1(日本語版)。Windows Server 2003 Web/Standard/Enterprise Editionには後日対応する。

 PowerEdge 1750の最小構成時の仕様と価格は以下の通り。

  • プロセッサ:インテル Xeon(2.4GHz)×1
  • チップセット:ServerWorks GC-LE
  • メモリ:256MB ECC 266MHz DDR SDRAM
  • ハードディスク:36GB、1万rpm、U320 SCSI HDD×1
  • 光ディスク:12/24倍速IDE CD-ROMドライブ
  • グラフィックスコントローラ:オンボードATI-Rage XL
  • ネットワークコントローラ:Broadcom NetXtreme5704×2
  • 付属品:Dell Server Assistant CD-ROM
  • OS:無し
  • エンタープライズ・サポートパッケージ:シルバー
  • 価格:28万8000円

デルコンピュータのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社