お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本オラクルと東芝ITソリューション、XMLを利用した電子帳票システムを提供

2003/06/16 14:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルと東芝ITソリューションは6月16日、XMLを利用した電子帳票システムを共同で提供すると発表した。

 同システムは、東芝ITソリューションのXML統合プラットフォーム「xmlspy 5」とXMLエディタ「authentic 5」に、日本オラクルのネイティブXMLデータベース機能「Oracle XML DB」を連携させるもの。

 従来、電子帳票のデータはテキストデータで作成されることが主流だった。このため、データをRDBMS(Relational DataBase Management System)に格納する場合、テキストデータに属性を持たせ、文書データとして扱うための作業やアプリケーションが必要だった。

 同システムでは、これに代えて、xmlspy 5とauthentic 5で直接記述した属性つきのXML文書を、Oracle XML DBを介して、Oracle9iのデータベースにそのまま格納できる。これにより、データの格納に他のアプリケーションを仲介する必要が省けるという。

 同システムは、新聞業界のNewsMLや、金融業界のXBRL(Extensible Business Reporting Language)といった、業界標準XMLに準拠したシステムに適用が可能。同様に、XML規格でデータを扱う電子政府・自治体や、民間企業、電子申請システム、電子投票システム、営業情報管理システム、カスタマー・サポートシステムなどにも適応できるという。

日本オラクルのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社