お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ニスコムとレッドハット、エンタープライズ向けLinuxのサポート体制強化

2003/05/21 10:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニスコム(尾上卓太郎社長)とレッドハット(平野正信社長)は5月20日、エンタープライズ環境におけるLinuxプラットフォーム「Red Hat Enterprise Linuxファミリ」を採用した企業に対し、より充実したサポートサービスを提供することを目指し、「エンタープライズサポートパートナ契約」を締結したことを発表した。

 レッドハットでは、企業向けのLinuxプラットフォームとして「Red Hat Enterprise Linuxファミリ」を提供しているが、同ファミリとニスコムの提供するサポートサービスを組み合わせることで、これまで自社が提供していなかったオンサイトでのサポートサービスなどを実現し、運用・管理面でも安心して同製品を活用できる環境を整備する。

 具体的には、レッドハットがニスコムに対してサポートサービスを提供し、グローバルなレッドハットのリソースを利用した支援体制を確立するとともに、エンタープライズサポートパートナーと協調し、「Red Hat Enterprise Linux」の大規模導入に向けたコンサルティングおよびサポートサービスを提供することで、年間50件の案件獲得を目指す。

 一方、ニスコムは、

  1. 「Red Hat Enterprise Linux」の販売
  1. 「Red Hat Enterprise Linux」に関する24時間365日のオンサイト・オンラインサポートの提供
  1. 「Red Hat Enterprise Network Satellite/Proxy」の販売・設置
  1. 「Red Hat Enterprise Linux」を使用した構築支援

 ──などのサポートサービスを5月20日からエンドユーザー向けに提供していく。

 また、6月からは、

  1. コンサルティング
  2. OSサーポート
  3. 構築サポート
  4. 保守サポート
  5. 運用サポート

 ──などのサービスを提供する予定で、今後1年間で3億円の売り上げを見込んでいる。

 両社は今後、協調セールス、マーケティング活動も展開し、エンタープライズ環境におけるLinuxの導入促進を図る方針。

レッドハット
ニスコム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社