お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Windowsのセキュリティ強化アーキテクチャを発表

2003/04/15 10:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはサンフランシスコで開催中のRSA Conference 2003で、Windowsの今後のバージョンで採用される、ウイルスの検知・削除をしやすくするためのWindows Filter Manager Architectureの詳細を明らかにする。これはWindowsが、ウイルス対策アプリケーションの基本タスクの一部を扱えるようにするAPIのセットで、これがあればウイルス対策ソフトメーカーが製品を発売しやすくなるほか、ユーザーは同一マシン上で2つのウイルス対策アプリケーションを稼動できるようになるという。しかしFilter Managerはまだ実験開発段階で、正式リリースの日程は未定だ。

 Microsoftはこのほか、ウイルスやスパムを検知するMicrosoft Word 2003とExchange 2003の新機能も発表する。同社はここ1年以上に渡って、セキュリティを最優先事項に掲げており、IntelやIBMなどとともにハードウェアとソフトウェアのセキュリティ向上に取り組んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社