お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

XMLコンソーシアム、郵便情報に関する研究会を発足

2003/03/04 15:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XMLコンソーシアムは3月4日、IPACT (XMLによる諸国間での郵便情報の標準化)の国内適用研究を目的としたワーキンググループ「IPACT WG」を発足させたと発表した。

 IPACT(International Postal Address Components and Templates)は、国連の専門機関であるUPU(Universal Postal Union)が提唱する標準フォーマット。

 IPACT WGの研究目的は主に2つある。1つは、IPACTの日本国住所への適用に関する研究、もう1つは昨年10月にXMLコンソーシアムが勧告した、国内における宛名書きソフト/アドレス変換ソフトの業界標準データフォーマットContactXMLとの整合性についての研究である。

 XMLコンソーシアムでは、この研究結果を郵政事業庁を通じてUPUにレポートし、「民間レベルも含めた日本国と諸国間での郵便情報のスムーズな交換を促進する」としている。

XMLコンソーシアム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社