お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米レッドハットが国防総省のお墨付きもらう

2003/02/12 13:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Red HatのAdvanced Server版が、幅広い環境で利用可能なOSとして、政府のお墨付きをもらった。Intelのプロセッサを搭載するIBMのサーバに対応するOSとして、Linuxが米国防総省のCOE(Common Operating Environment)の認証を受けたのは初めて。

 COEとは、さまざまなコンピュータに共通のインタフェースを提供するソフトウェアのこと。その取り組みは1993年に、専門的な機能やインタフェースの特性を各種OS上に構築することから始まった。その主な目的は、米軍のソフトウェアが多種多様なコンピュータシステムに対応できるようにすること。隊員がシステムを扱えるよう教育することも目的の1つとなっている。

 COE認証は、Advanced Serverの販売促進に力を入れるRed Hatにとっては追い風になりそうだ。同社は現在、価格の高いAdvanced Server製品に焦点を合わせた販売に取り組んでいる。その1つが、Advanced Server製品のユーザーに対するサポート体制の強化だ。同社の低価格製品の利用者と差別化を図ることで、ユーザーのAdvanced Server製品への移行を狙っている。

 2002年9月には、Sun MicrosystemsのSolaris 8がCOE認証を受けた。IBMのAIX、Hewlett-PackardのHP-UX、MicrosoftのWindows NTもこの認証を受けている。

 なお、Linux技術に関する政府の認証プログラムとしてはこのほかに、Common Criteriaがある。これは政府機密にかかわるアプリケーションについてその技術要項を認定するもの。現在、研究機関Cyber Security Policy and Research Instituteが、Common Criteriaの認定を求めて活動中である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社