お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

JALと日本ユニシス、無線ICタグを使った貨物管理実験の第1段階を完了

2003/06/19 14:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは6月19日、同社が2月より日本航空と共同で実施していた無線ICタグ適用実証実験に関して、第1段階が完了したことを発表した。

 同実験は、国際航空貨物業務におけるICタグ活用の可能性を検証するもの。第1段階では、JAL成田貨物支店内で無線ICタグを貨物に貼付し、フォークリフトによる貨物の自動位置認識を行うなど、倉庫内の貨物管理に焦点を当てた検証を行った。

 これにより、期待すべき効果が認められたことから、両社は実証実験の第2段階に入るという。第2段階では、貨物搭載用具管理やフォークリフトの動態管理など、貨物倉庫内における実業務への適用可能性を検証する予定。

 なお日本ユニシスは昨年より、ビジネス環境におけるユビキタス関連技術の検証を行っている。また日本航空では、国際航空貨物業務におけるサービス品質と、業務効率の向上を目指す狙いで、無線ICタグの実証実験に取り組んでいる。

 両社は、無線ICタグを利用して、あらゆる“モノ”に情報を持たせることで、ネットワークを通じた情報収集、業務プロセスの改善、商品/機器の個品管理などが可能になるとしている。

日本ユニシスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社