お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT東日本、双方向コミュニケーションソフトの実証実験を開始へ

2003/03/27 14:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT東日本は3月26日、デスクトップ常駐型ソフトウェア「双方向コミュニケーションソフトウェア」のインターネット接続環境における実証実験を開始すると発表した。

 同ソフトでは、ユーザーがインターネットでどんな情報をいつ欲しいかを設定することにより、自分の嗜好にあった情報を収集できるようになる。また、同じソフトを利用してネットワーク接続している他のユーザーを検索する機能を備えている。これにより、ユーザー同士でリアルタイムの通信が可能になる。

 実験は4月1日から5月下旬まで実施する予定。パソコンや回線環境を持っていれば、誰でも参加できる。具体的には、実験の運用委託先であるNTT-Xが運営するインターネットポータルサイトgooからソフトウェアを無償ダウンロードし、NTT東日本の実験サイト(http://www.desktoppartner.net)で申し込む。

NTT東日本のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社