お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ブイキューブが日本マイクロソフトと提携--ウェブ会議とOffice 365を連携へ

2016/02/02 18:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブは2月2日、日本マイクロソフトと提携し、両社のクラウドサービスを連携すると発表した。ブイキューブのビジュアルコミュニケーションサービス「V-CUBE」と、日本マイクロソフトの「Office 365」との連携ソリューションを開発。ソフトバンク コマース&サービスと戦略的に連携し、2月より販売を開始する。

 日本マイクロソフトのクラウド型認証基盤「Azure Active Directory」を利用し、Office 365からV-CUBEへのシングルサインオンを可能にする。また、V-CUBEを利用するWeb会議やWebセミナーの予約情報と、Office 365の「Outlook」のスケジュールを自動同期するとしている。

Office 365 連携によるシングルサインオン
Office 365 連携によるシングルサインオン

V-CUBE セミナー からOutlook カレンダーへの予約登録
「V-CUBE ミーティング Outlook アドイン」からの会議予約、カレンダー登録
「V-CUBE ミーティング Outlook アドイン」からの会議予約、カレンダー登録

 同時に、Office 365の最新機能を生かしたV-CUBEソリューション開発を推進するため、V-CUBEのシステムインフラをAmazon Web Servicesから日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」へと移行するとしている。

 ブイキューブでは今後、「Microsoft Translator」を利用した自動翻訳による多言語コミュニケーションや、「Cortana Analytics Suite」で機械学習分野の技術を活用したソリューションを提供していく予定。また、さまざまなデバイスに対応したサービスの提供に向けて、V-CUBEのWindows 10対応アプリケーションの開発も進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社