お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SprintとClearwire、WiMAXで合弁会社--全米規模の無線ネットワーク構築へ

2008/05/08 11:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sprint NextelとClearwireは米国時間5月7日、全米規模のブロードバンド無線ネットワークの構築を目的に両社のWiMAX資産を統合し、合弁会社を新たに設立することを発表した。

 今回の取引は、約145億ドルと評価され、ケーブル事業者のComcastやTime Warner、さらにIntelとGoogleが出資している。

 新しい合弁会社は、これらの企業から合計で32億ドルの資金を得ている。The Wall Street Journal(WSJ)によると、Comcastの出資額は10億5000万ドル。Time Warner Cableは5億ドル、Intelは10億ドル、Googleは約5億ドルをそれぞれ出資したという。ケーブル事業者であるBright House Networksも約1億ドルを出資している。

 新会社はClearwireと呼ばれ、現Clearwireの最高経営責任者(CEO)Ben Wolff氏が運営し、携帯電話事業のパイオニアでClearwire創設者であるCraig McCaw氏は会長として新会社にとどまる。

 新会社は、既存の音声通話サービスに加え、新たに無線ブロードバンドサービスを提供する。今回の合弁事業に関係するケーブル事業者は、このネットワークを利用し、無線サービスを販売できるようになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社