お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SF作家のアーサー・C・クラーク氏が死去--「2001年宇宙の旅」など作品多数

2008/03/19 11:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SF界の大御所Arthur C. Clarke氏が死去したと、各種メディアが報じている。

 米国時間3月18日午後3時現在、Clarke氏に関するWikipediaのページはすでにアップデートされており、上部に「この記事は最近亡くなった人物に関するものです」と書かれている。

Arthur C. Clarke氏
SF作家のArthur C. Clarke氏(提供: Clarke Foundation)

 Clarke氏は単独あるいは共同で、何十冊ものフィクション/ノンフィクションの作品を執筆した。最も有名なのは「2001年宇宙の旅(原題:2001: A Space Odyssey)」で、のちにStanley Kubrick監督によって映画化された。Wikipediaによると、他の代表作は「宇宙のランデヴー(原題:Rendezvous with Rama)」「幼年期の終り(原題:Childhood's End)」「楽園の泉(原題:The Fountains of Paradise)」など。

 作家として有名な同氏だったが、晩年は類人猿の権利問題に力を尽くした。

 Clarke氏はイギリスサマセット州マインヘッドにて1917年12月16日に生まれた。1998年にはエリザベス女王よりナイトの称号を授与され、3カ月前に90歳を迎えたばかりだった。

 Wikipediaには側近の話として「Clarke氏は2008年3月18日、呼吸不全のため死去した」と書かれている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社