お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:エコや地球温暖化を考える南極体験授業

2007/02/20 11:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 極地冒険家のRobert Swan氏は今週、南極へ赴き、子どもたちに南極大陸や地球温暖化の影響について教育するウェブプロジェクトの開始を予定している。南極のキングジョージ島にあるロシア基地に建つ教育施設基地「EBase」は、リサイクル素材から作られている。面積は40フィート(約12m)×10フィート(約3m)。無人基地の施設の電力は、風力発電と太陽発電でまかなわれている。屋上に取り付けされたカメラは、オンラインサイトにリアルタイム画像を提供し、教師の教材としても使用できる。
 極地冒険家のRobert Swan氏は今週、南極へ赴き、子どもたちに南極大陸や地球温暖化の影響について教育するウェブプロジェクトの開始を予定している。南極のキングジョージ島にあるロシア基地に建つ教育施設基地「EBase」は、リサイクル素材から作られている。面積は40フィート(約12m)×10フィート(約3m)。無人基地の施設の電力は、風力発電と太陽発電でまかなわれている。屋上に取り付けされたカメラは、オンラインサイトにリアルタイム画像を提供し、教師の教材としても使用できる。
Scroll Right Scroll Left

 極地冒険家のRobert Swan氏は今週、南極へ赴き、子どもたちに南極大陸や地球温暖化の影響について教育するウェブプロジェクトの開始を予定している。南極のキングジョージ島にあるロシア基地に建つ教育施設基地「EBase」は、リサイクル素材から作られている。面積は40フィート(約12m)×10フィート(約3m)。無人基地の施設の電力は、風力発電と太陽発電でまかなわれている。屋上に取り付けされたカメラは、オンラインサイトにリアルタイム画像を提供し、教師の教材としても使用できる。

提供:2041

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社