お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MS、Office文書をODFに変換するオープンソースプロジェクトへ出資

2006/07/06 15:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Office文書を「OpenDocument Format(ODF)」に変換するオープンソースプロジェクトに出資する。ODFはOfficeに対抗するフォーマットで、政府を中心に支持を集めつつある。

 Microsoftは米国時間7月6日、SourceForge.net上で「Open XML Translator」と呼ばれるプロジェクトを開始する計画だ。SourceForgeは、BSDライセンス下でコードを共有するオープンソースプロジェクトをホスティングするウェブサイト。

 Open XML Translatorは、フランスのMicrosoftパートナー社が開発した技術で、ODF形式で文書を開いたり保存したりすることが「Microsoft Office」で可能になるという。

 Microsoft Officeの文書フォーマットは現時点で最も広く利用されているが、ベンダー各社の強力な後押しや、マサチューセッツ州およびベルギー政府での採用を受けたODFが、代替技術として急浮上している。ODFはXMLをベースとしたフォーマットで、標準化団体のOrganization for the Advancement of Structured Information Standards(OASIS)の下で開発された。

 Open XML Translatorを管理するというMicrosoftの今回の決断は、一種の方向転換といえる。これまでMicrosoftは、ニーズが少ないことを理由に、OfficeでODFをネイティブサポートすることはないと一貫して主張してきた。その代わり、サードパーティのフォーマット変換技術に依存するというのが同社の方針だった。

 Microsoftで互換性および標準規格部門のゼネラルマネージャーを務めるTom Robertson氏によると、ODFへのニーズ増加を感じているわけではないが、政府顧客の間で、次期Office文書フォーマット「XML Office format」とODFの間の相互運用性を求める声が強くなっているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社