お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

EMC、RSAを約21億ドルで買収

2006/06/30 11:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データストレージの専門ベンダーEMC(本社:マサチューセッツ州ホプキントン)が、約21億ドルでデジタルセキュリティベンダーのRSA Securityを買収することに合意した。

 EMCは米国時間6月29日に声明を出し、RSA株1株および未行使オプション1株分あたり28ドルの現金を支払うことを明らかにした。これで計算すると、買収額は総額で約21億ドルになる(RSAの現金残高を除く)と同社は述べている。

 EMCでは、今回の買収により、安全な情報管理を支援する企業が誕生すると述べている。EMCはデータストレージ製品の大手プロバイダーで、一方のRSAは、SecurID認証トークン、暗号技術、鍵管理ソフトウェアなどのIDおよびアクセス管理技術のベンダー。

 EMCの会長、社長、そして最高経営責任者(CEO)を兼任するJoe Tucci氏は電話会議のなかで、「今のEMCは単純に情報の保管場所を提供しているだけだが、これからは安全な情報の保管場所を提供する」と述べた。

 今回の買収発表に先立ち、RSA Securityからは匿名企業と戦略提携の可能性について交渉中との声明が同日に出されていた。この声明は、EMCがまもなくRSAを買収すると報じたNew York Times紙の記事を受けて出された。同紙によると、RSAは数カ月前に買い手を探し始めていたという。

 EMCによると、買収は、慣例的な契約条件の了承と監督機関の承認後、2006年の第3四半期の終わりから第4四半期のはじめにかけて完了する見通しだという。買収が完了すると、RSAはマサチューセッツ州ベッドフォードを本社とするEMCのInformation Security Divisionとして業務を開始する。

 RSAの現社長兼CEO、Art Coviello氏は、EMC担当エグゼクティブバイスプレジデント兼同事業部社長に就任する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社