お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

USEN、エイベックスグループHD株式の一部を譲渡--持分比率は3.9%に

2006/05/25 11:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 USENは5月24日、同社が保有するエイベックス・グループ・ホールディングス(AGHD)株式の一部を譲渡したと発表した。

 USENは2月20日にもAGHD株式の一部を譲渡し、持分比率を10.0%に引き下げているが、今回の譲渡により、持分比率は3.9%になる。USENは引き続きAGHD株式の持分比率を低下させる予定だ。USENは、今回の取引による、ビジネス上でのAGHDとUSENの関係に変更はないとしている。

 譲渡株式数および譲渡前後の所有株式数の状況は、異動前の所有株式数が463万1700株(所有割合10.0%)、譲渡株式数は280万株で、異動後の所有株式数は183万1700株(所有割合3.9%)となる。株券の引き渡しは5月29日の予定。

 今回の取引により特別利益(株式譲渡益)が発生する見込みだが、業績の見込みについては、詳細が確定次第発表するとしている。

 一方、AGHDは、同社の主要株主ならびに筆頭株主であるUSENが、5月24日付でAGHD株式を大和証券エスエムビーシー(SMBC)に譲渡したことにともない、主要株主ならびに筆頭株主に異動が生じたと発表した。

 今回の株式譲渡により、USENはAGHDの主要株主および筆頭株主ではなくなり、替わって所有株式数413万600株(所有割合8.94%)の日本トラスティ・サービス信託銀行がAGHDの筆頭株主となった。

 なお、AGHDによれば、大和証券SMBCは、今回取得したAGHD株式を機関投資家を中心に売却する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社