お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネットワークアソシエイツ、Sniffer事業売却や社名変更などを発表

2004/04/26 15:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Network Associates(NA)は米国時間4月22日、Sniffer事業の売却と新社名McAfeeへの変更、経費削減/利益率向上計画を発表した。これらの施策により、同社は「業務効率化とセキュリティ製品/サービスへの集中化を図る」としている。また同社は、2004年第1四半期決算の速報値も明らかにした。

 同社はネットワーク管理製品系列であるSniffer事業の資産を、Silver Lake PartnersとTexas Pacific Groupに売却する。取引は現金2億7500万ドルで行う予定。買収する2社は、Snifferブランド製品の開発/販売/サポートを手がけるNetwork Generalを新設する。現在NAで同製品系列を手がけている従業員/経営陣は、Network Generalに移籍して事業を継続する。Sniffer製品系列の売却が完了し次第、NAは社名をMcAfeeに変える。

 NAが発表した決算速報によると、2004年第1四半期の売上高は2億1700万ドル。同社は希薄化後の1株当たり利益を、GAAP(会計原則)ベースで32セント、プロフォルマベース(一部費用修正後)で10セントとみる。

 また、同社は数カ月間に渡って経費削減/利益率向上計画を検討しており、2005年半ばまでに25%の営業利益率達成を目指すという。

Network Associatesのプレスリリース(英文)
日本ネットワークアソシエイツ株式会社のプレスリリース(NA発表プレスリリースの抄訳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社