お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

モブキャスト、プロeスポーツチーム発足--現役高校生らと契約しハースストーンに参戦

2016/01/28 17:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モブキャストは1月28日、eスポーツのプロチーム「Team mobcast」を発足したことを発表した。3人の選手とプロ契約を締結し、Blizzard Entertainmentのデジタル戦略カードゲーム「Hearthstone」(ハースストーン)の大会に参戦するほか、同社のゲーム開発にも協力する。

  • Blizzard Entertainmentのデジタル戦略カードゲーム「Hearthstone」(ハースストーン)

 eスポーツはデジタルゲームをスポーツとしてとらえたものの総称。競技の一種と見なし、世界各地で大会などが開催されている。またハースストーンはPCやスマートフォンで遊べる戦略性の高いターン制デジタルカードゲームとして、2014年から海外で配信。世界で4000万人がプレイしているとされ、2015年10月には日本語版の提供も開始している。

 同社が支援する内容として、まずゲーミングハウスを都内に設立し、3人は3月から合宿生活に入るという。またプロ契約としての定額報酬や、全世界で行われる大会へのフルサポートも実施。また直接的な支援とは別の取り組みとして、同社が主催するハースストーン大会も開催する。3人が出場することもさることながら、この大会を通じてさらに優秀な選手を発掘する狙いがあるという。

  • 「Team mobcast」のメンバー。チームリーダーのkoroneko選手(中央)、tansoku選手(右)、heiderun選手(左)の3人で結成

 チームはkoroneko選手をチームリーダーとして、tansoku選手とheiderun選手を加えた3人。koroneko選手は18歳で現役高校生ながらも、累計大会優勝17回、準優勝11回を誇り、日本におけるハースストーンプロゲーマーの先駆者としても知られている。そして彼がほかの2名を選んでチームを結成したという。

 都内で開催された発表会において、モブキャスト取締役 CVO 経営戦略室長である福元健之氏は、同社が展開するゲームのプラットフォームサービスやネイティブゲームでは、競い合って勝利することへの欲求に応えられるゲームやコミュニティを提供する「Social Victory Space」(SVS)というコンセプトを持っているという。そしてこのコンセプトはeスポーツも共通しているところがあると語る。

  • モブキャスト取締役 CVO 経営戦略室長 福元健之氏

  • 同社のゲームにおける「SVS戦略」

  • モブキャスト独自の就労形態「プロ契約」制度。開発者などにも用いられており、現在10名が契約。今回の3人を含め30人程度まで増やす予定だという

 eスポーツは海外では大きな市場となっており、日本ではまだなじみがないものの、近年は少しずつ言葉も使われ出し盛り上がりを見せている。eスポーツ大会のプロデュースや関連事業のアドバイザーなどを担当し、Team mobcastのサポートもするというグルーブシンク代表取締役の松井悠氏は、世界のeスポーツの動向を説明。2015年のeスポーツ市場規模は約884億円とされ、現在の上昇率のまま推移すると2018年には2287億円にまで拡大するという見方を示した。このほか海外でのメジャースポーツと肩を並べるファン人口を持っていることや、ライブストリームビデオゲームサイトのTwitchをAmazonが買収したような、eスポーツ関連事業の大規模な買収が相次いでいることから、世界的に注目度が高まっていると語った。

  • グループシンク代表取締役 松井悠氏

  • 数字で見るeスポーツの市場動向

  • eスポーツ関連事業の買収事例

 福元氏はeスポーツチームを展開することのメリットとして、国内外におけるゲーム市場の活性化はもとより、チームが活躍することによる海外でのブランディング効果、ゲーム開発におけるeスポーツのノウハウや知見を生かすといったことを挙げた。今後の活動のなかで、ハースストーン世界選手権の出場を目指し各大会に参戦していく形となるが、目標として福元氏は「やるからには世界一を取る」と語り、選手たちも強い意気込みをみせていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社