お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

ソニー、世界最速AF0.05秒を実現したミラーレスカメラ「α6300」

2016/02/19 14:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月19日、ミラーレス一眼カメラ「α6300」を発表した。独自のオートフォーカスシステム「4D FOCUS」により、高速AFを実現する。発売は3月11日。想定税別価格はボディのみの「ILCE-6300」が13万5000円前後、ボディとズームレンズ「SELP1650」がセットになったズームレンズキット「ILCE-6300L」が15万円前後になる。すでに海外で発表されており、日本での発売時期などは明らかにされていなかった。

ソニー「α6300」
ソニー「α6300」

 世界最多425点の像面位相差AFセンサをイメージセンサのほぼ全域に配置することで、高精度なピント合わせをサポート。位相差AFとコントラストAFを併用した「ファストハイブリッドAF」や最適化された画像処理エンジン「BIONZ X」により、世界最速となる0.05秒のAFを実現する。

 新開発の「高密度AF追従テクノロジー」は、位相差AFセンサーが被写体の動きに連動して動的に配置できるため、従来比約7.5倍の高密度の測距点で被写体を捕捉。安定した追従性を得られるとしている。

 撮像素子には、新開発となる有効2420万画素APS-CサイズのExmor CMOSセンサーを採用。従来CMOSに比べ、低層化したほか、配線層に銅を用いることで、伝送速度に優れ、データ読み出しの高速化に貢献しているという。これにより、最高ISO5万1200の高感度撮影を実現する。

 最大6000×4000ピクセルの静止画撮影ができるほか、XAVC Sフォーマットによる4K動画撮影もサポート。フルHD映像での120fpsハイスピード撮影にも対応する。

 外観は「α6000」とほぼ同様だが、トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーの全てに軽量かつ剛性の高いマグネシウム合金を使用したほか、グリップの形状を持ちやすいように改善したという。ボディサイズは高さ66.9mm×幅120.0mm×奥行き48.8mmで、重量約404g(バッテリ、メモリカード含む)。

  • マルチインターフェースシューを装備。「プレミアムおまかせオート」をダイヤルからなくすなどよりシンプルに

  • 液晶モニタは3.0型。上約90度、下約45度に可動できる

  • フラッシュを内蔵する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社