お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

アプリで3倍楽しめる!--Bluetoothスピーカ「Beats Pill+」1カ月使い倒し

2016/03/05 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明瞭で聴き応えのある音質「Beats Pill+」

 1月に発売されたBeats by Dr. DreのBluetoothスピーカ「Beats Pill+」。以前の記事での取材帰りに製品を借りることができたので、約1カ月間使い倒してみた。音質や使い勝手はもちろん、注目したのはアプリでの機能拡張。複数台利用の利便性と効果を検証した。

Beats by Dr. DreのBluetoothスピーカ「Beats Pill+」
Beats by Dr. DreのBluetoothスピーカ「Beats Pill+」

 まずはBeats Pill+単体でしばらく使用してみた。接続した機器は、スマートフォン、タブレット、ポータブルオーディオの3種類だ。ポータブルオーディオとスマートフォンはハイレゾ対応で、タブレットは非対応機になる。

 3台をそれぞれにBluetoothで接続した。電源を入れて「b」ボタンを押すと、Bluetoothの接続機器としてスマートフォンやタブレットに表示され、それを選択するだけで簡単にペアリングが完了した。

 一度ペアリングして、スマートフォン側のBluetooth接続をオンにしておけば、Beats Pill+の電源を入れるだけで、自動で接続される。思った以上に簡単にできるので「Bluetoothって何?」レベルの人でも、苦戦することはないだろう。

 タブレットやスマートフォンにはスピーカが内蔵されているので、その音と比較してみた。まあ、当然ながらBeats Pill+の音は格段に良く、音量も大きく、迫力のサウンドで聴くことができる。タブレットでは、音楽だけでなく、テレビ番組視聴アプリを使って、テレビ番組や動画配信を見て、それらの音も再生した。これらも音が明瞭で聴きやすく、必ず接続して視聴するようになった。

 ハイレゾ音源の再生も試してみたが、十分な高音質で再生された。スペック的には日本のハイレゾ基準には到達していないのだが、聴き応えのある音質で再現している。

 CD音源もハイレゾ音源もどちらも臨場感のある音を再現し、音質の高さは体感できる。トゥイータとウーファが2つずつ搭載されていることもあり、中高域も鮮明に聴こえ、低音域もこもらずに良く響いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社