お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

beyerdynamic、生産はハンドメイド--ヘッドホン「T5p」に第2世代機

2016/02/11 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティアックは、独beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)ブランドのヘッドホン「T5p 2nd Generation」を発表した。進化した「テスラテクノロジー」により、ソリッドでバランスの良い音場を表現する。発売は2月下旬。想定税別価格は13万円前後になる。

「T5p 2nd Generation」
「T5p 2nd Generation」

 T5p 2nd Generationは、密閉ダイナミック型ヘッドホン「T5p」の第2世代機。1テスラ(1万ガウス)を超える強力な磁束密度を生み出すテスラテクノロジーを搭載していることが特長で、第2世代機では、32Ωムービングコイルはそのままに、暖かみのあるサウンド且つ正確な低音域を出力するチューニングを施したという。

 さらにバッフルの形状と素材を見直すことで、内部パーツが発生するノイズを抑制。クリアで幅広い空間表現が得られるとしている。周波数特性は5~5万Hz。

 ケーブルは脱着式で、専用ケーブルには高純度無酸素銅7N OCC線を採用。ケーブルの外装被覆には外部ノイズに強く、肌触りのよいテキスタイルコーティング(繊布被覆)を用いることで、再生機器から送られてくる信号を限りなくピュアな状態で伝送できる。

 イヤークッションとヘッドバンドは合皮を使用し、長時間でも疲れにくく、型くずれしにくい形状を実現。持ち運び用のセミハードケースも付属する。本体重量は350g。独の工場でハンドメイドで生産される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社