logo

製品情報

sansa e250

サンディスク

sansa e250

【主なスペック】
【発売日】
2006年08月
【メーカーサイト】
LINK

ユーザーレビュー

2006年12月15日 02時16分
今まで使っていたプレイヤーの、スイッチ部分がうまく動かなくなってきたので買い換えました.私はアンチメジャー指向なので、いろいろ探した挙げ句、あんまり他人が持ってなそうで、面白そうな本機を選びました.

音楽プレイヤー:
 通勤の電車内で聞くのが目的なので、音質評価は省略しますが、特に不満はありません.強いていえば、イコライザーの選択肢に「ユーザ設定」が無いことくらいでしょうか.好みのパターンがなかったので、標準のまま使っています.

ムービー:
 付属ソフトでQuickTime形式(160*208pixel、15FPS)に変換して転送します.1ファイル10分の制約があるようで、変換時に自動的に分割されます.さらに、90度回転されるので、見るときは本体を、ディスプレイが左に来るよう横置きにして見ます.
 ためしに30分番組を変換してみました.ファイルの切れ目で数秒、画面が暗転するのは仕方ないとして、ところどころ音飛びしていたのが気になりましたが、予想外に見やすいものでした.

操作性:
 音量調節や頭出しに使えるスクロールホイールは使いやすいです.起動時間を除けば、レスポンスも良い感じです.
 気になったのは、本体のみではファイルを削除できないことでした.不要なファイルは接続したPCから消さなくてはなりません.
 また、MSC(マスストレージクラス)モードでは、PCから取り外した時に再起動してメディアをスキャンします.人によっては鬱陶しいと感じるかもしれません.

 ちなみに、付属のメディア変換ソフトのインストール時には、WMP10とQuickTimeの更新をしますが、これがえらく時間がかかりました.
 いろいろ気になる点を書き連ねましたが、全体として満足しています.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]