logo

ソフトバンク、新ブランド「LINEMO」発表--月2480円に値下げ、LINEなら通話し放題

山川晶之 (編集部)2021年02月18日 10時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは2月18日、オンライン専用の新ブランド「LINEMO(ラインモ)」を正式発表した。3月17日にサービスを開始する。

キャプション

 これは、2020年12月22日に発表した料金コンセプト「SoftBank on LINE」をベースに、新ブランドとしてサービスを開始するもの。LINEを活用し、各種手続きや設定をLINEならではのフレンドリーなUI/UXで提供。ドコモの「ahamo」やKDDIの「povo」に対抗するプランとなる。

 サービス発表時、20GBと5分の通話定額を組み合わせて月額2980円(以下、すべて税別)で案内していたが、5分の通話定額を月額500円のオプションとして分離することで、月額2480円に値下げ。国内通話は30秒20円で提供するなど、povoに真っ向から対抗する内容となる。さらに、テザリングや国際ローミング(20GBには含まれず別途通信料が発生)に対応。契約事務手数料、SIM交換・再発行、MNP転出手数料、契約解除料すべて0円で提供する。

キャプション
契約事務手数料、SIM交換・再発行、MNP転出手数料、契約解除料すべて0円に

 LINEならではの特徴として、LINEで使用するデータ通信量をカウントしない「LINEギガフリー」に対応。トークだけでなく、音声通話やビデオ通話もデータを消費せずに利用でき、「LINEであれば通話し放題」が実現する。そのほか、月額240円のLINEクリエイターズスタンプも無料で提供する(2021年夏に対応)。

キャプション
LINEの音声通話やビデオ通話であればデータ消費なしに。「LINEなら通話し放題」が実現する

 回線品質は、ソフトバンク回線と100%同品質で提供するという。5Gも利用可能だ。なお、同社では今後10年間でネットワークインフラに2.2兆円を投資するとしており、2021年には5万局が5Gに対応。人口カバー率は90%を超える。2030年には、約35万局に拡大予定だ。

 手続きはLINE上から申し込み可能。SIMは通常のSIM以外にも、eSIMに対応。eKYCもサポートすることで、オンラインながら最短即日開通が可能になる。問い合わせページ、料金確認や追加データの購入などもLINE上で可能としている。

キャプション
LINE上で申し込み可能。eSIMやeKYCによりオンラインでも即日開通が可能に

 なお、一つのSIMでiOS/Androidともに利用可能としているが、対応端末については別途発表するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]