logo

デノン、ワイドFM対応のCDレシーバと木製スピーカを組み合わせた本格派CDシステム

加納恵 (編集部)2018年09月14日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは9月14日、デノンブランドからCDシステム「D-T1」を発表した。CDレシーバーとスピーカの組み合わせになる。発売は10月上旬。税別価格は3万5800円になる。

CDシステム「D-T1」
CDシステム「D-T1」

 CDプレーヤー、ワイドFM対応のFM/AMチューナとClass Dパワーアンプ回路を搭載。Bluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなどからワイヤレスで音楽を再生できる。スピーカは2.5cmトゥイータと12cmウーファを備えた2ウェイ2スピーカを採用。背面にはバスレフダクトを備える。

 CDレシーバ部は高さ105mm×幅210mm×奥行き296mmで、重量約2.8kg、スピーカ部は高さ242mm×幅152mm×奥行き255mmで、重量約3.4kg。光デジタル入力を装備し、メディアプレーヤーなどと光デジタルケーブルで接続すれば、さまざまなコンテンツを高音質再生することが可能。96kHz/24bitまでの信号に対応しているため、ハイレゾ音源の再生もできる。

CDレシーバーのリアパネル
CDレシーバーのリアパネル

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]