ERATO、マイク付き完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」--3Dサラウンドシステム搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バリュートレードは2月2日、米ERATO(エラート)の3Dサラウンドを搭載したトゥルーワイヤレスイヤホン「MUSE5」(ミューズファイブ)を発表した。税別価格は2万1880円。2月10日の店頭販売にさきがけ同日から「eイヤホン」「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」「AppBank Store」で先行予約販売を開始する。

「MUSE5」
「MUSE5」

 MUSE5は、レコーディング現場の音をできるだけ忠実に再現することを目的として開発された「ERATOSURROUND」を採用。DSP技術により、マイクロドライバとアコースティックチャンバを調整し、音像定位感を向上させることで、より正確な3Dサウンドステージを構築する。

 イヤホンのLとRを、Bluetooth 4.1でペアリングすることで、完全ワイヤレスを実現。高さ25mm×幅30mm×奥行き20mmの小型ながら、ハンズフリー通話用のマイクを備え、LとRのプッシュボタンをクリックするだけで、通話操作やSiriやGoogle Nowなどの音声コマンドサービスにも対応する。

 5.8mmマイクロドライバを搭載し、再生周波数帯域は20Hz~20kHz。プロファイルはA2DP 1.3、AVRCP 1.6、HFP 1.6、HSP 1.2、コーデックはAAC、aptx、SBCに対応している。


ERATOSURROUND

 さまざまな耳の形状にフィットする「FitSeaシリコーンスリーブ」は、特許を取得。FitSeaシリコーンスリーブとシリコンイヤーチップが、それぞれS、M、Lの3サイズを付属し、計9パターンの組み合わせにより、より高いフッイト性が得られる。IPX5準拠の防水性能も備える。

 本体カラーは「ブラック」「ホワイト」「ローズ」「プルー」の4色。イヤホン本体のバッテリは、最大で4時間の音楽再生と7時間の通話が可能。3回までフル充電ができる、充電キャリングケースが付属する。


イヤホン本体とFitSeal

ブラック、ホワイト、ローズ、ブルーの4色を用意
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加