ドコモのXperiaシリーズ、映像配信「Qriocity」に対応--1本200円から

坂本純子 (編集部)2011年08月12日 20時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、Xperiaシリーズが、ソニーの映像配信サービス「Qriocity(キュリオシティ)」に対応したと発表した。

  • 映像配信サービス「Qriocity(キュリオシティ)」

 対応機種は、NTTドコモが発売する「Xperia arc SO-01C」と「Xperia acro SO-02C」。利用するには、Androidマーケットから専用アプリ「Qriocity Video」(無料)をダウンロードする必要がある。1コンテンツあたりの価格は、標準画質(SD)でレンタル版が200~700円、セル版は200~3200円。

 Qriocityは、ハリウッドのヒット作をはじめ、話題の邦画、先行・独占配信を含むアニメーション作品など、約900のタイトル、約5000のコンテンツをダウンロードできる。Xperia向けの配信サービスは、8月より日本のほか、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、オーストラリア、カナダ、米国でも開始している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加