logo

日立ソフト、企業単位で導入可能な純正PDF変換ツールの機能を強化

富永恭子(ロビンソン)2010年06月10日 19時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は6月10日、クライアントのライセンス管理が不要なPDF変換製品「活文PDFstaff」の新機能「活文PDFstaff Printer」を発表した。7月15日より提供を開始する。

 活文PDFstaffは、企業単位で購入でき、クライアントライセンス管理が不要なPDF変換ツール。Adobe LiveCycle PDF Generator ES2のエンジンを搭載しているため、利用人数に関わらず、企業単位でセキュリティポリシーなどを組み込んだ純正のAdobe PDFを作成することが可能という。

 今回、提供が開始される活文PDFstaff Printerは、ユーザーがアプリケーションの印刷メニューからPDF変換操作をできるようにするもの。これまでPDFに変換できるフォーマットはMicrosoft Officeファイルが中心だったが、同製品では印刷機能を有するアプリケーションで開けるファイルであれば、それ以外の電子データでもPDF変換が可能になっている。

 活文PDFstaff Printer機能を含む活文PDFstaffの提供価格は、626万8185円。日立ソフトでは、初年度で5億円の販売を目標とする。

-PR-企画特集