logo

新“地デジ大使”にシカのキャラクター--民放連がお披露目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人日本民間放送連盟(民放連)は4月27日、地上デジタル放送のPRキャラクターを発表した。

 同連盟がお披露目したキャラクターは、“地デジカ”が愛称で、シカをモチーフに角の部分が地上デジタル放送を想起させるUHFアンテナを模したデザインが取り入れられているのが特徴。2011年7月のアナログ放送終了までの間、民放テレビ各局の番組やスポットCM、ホームページなどに登場し、地デジ推進をアピールするという。

 地デジの普及推進では、タレントの草なぎ剛氏が社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)のメインキャラクターを務めていたが、23日付けでテレビスポットの放送中止が発表されている。

「地デジカ」 「地デジカ」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]