地上デジタルラジオ放送を利用した地図配信サービス、8月より実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITナビゲーションシステム研究会は5月24日、ゼンリン三井物産をはじめとする会員企業とともに、地上デジタルラジオ放送を利用した地図配信サービスの実証実験を2006年8月をめどに開始すると発表した。

 地上デジタルラジオ放送による、カーナビゲーションシステムなどモバイル端末向けのデータ一斉配信が実現すれば、地図データだけでなく交通情報や駐車場情報など地図に関連した最新情報を、定額制の利用者負担でモバイル端末に配信することが可能になり、広く一般に普及することが期待できる。

 実証実験は、デジタルラジオ推進協会(DRP)の実用化試験放送を利用し、エフエム東京が発起人となり設立したデジタルラジオ ニュービジネス フォーラム内に新たに設置されるワーキンググループで行われる予定だ。今後、参加各社は本プロジェクト推進を通じ、地図配信における新しい放送融合サービス分野の市場創出を検討していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加