logo

AT&T、テレビネットワークサービスを提供開始

文:Marguerite Reardon(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)
2006年01月06日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&Tが、テキサス州でインターネットベース新しいサービスを立ち上げ、テレビ市場への進出を果たした。

 AT&Tはこれまでの約1年間を費やして、IP技術を利用したテレビネットワークを開発してきた。同社は今回、テキサス州サンアントニオにおいて限定されたユーザーに対し、このネットワークを利用したサービスを提供開始した。

 AT&Tは現在、米三大テレビ局に加え、HBO、MTV、ESPN、Discovery Channel 、A&Eを含む200チャンネル分の番組を提供している。

 AT&Tによると、IPネットワークを介して提供される新サービスでは、従来のケーブルネットワークベースのサービスに比べ、双方向性が高くなっているという。もっとも、同社の広報担当Denise Koenigは、こうした双方向性の高い機能の多くが、新サービスでまだ実現されていないことを認めている。

 それでも、Koenigは、AT&Tの新サービスについて、ケーブル会社が提供するテレビサービスとは一線を画するものだと強調する。例えば、同社のサービスでは、チャンネルをスムーズに変更することができ、視聴者はタイムラグによるストレスを感じないという。これは、多くのデジタルケーブルテレビ会社が抱えている共通の問題だ。

 AT&TのTVサービスは、ピクチャーインピクチャー機能も備えているため、視聴者は親画面で特定の番組を楽しみながら、別ののチャンネルをチェックすることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集