エキサイトとNTTレゾナント、検索連動型広告などを手がける合弁会社を設立

ニューズフロント2005年11月07日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エキサイトとインターネットポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、検索連動型広告とディレクトリ型検索エンジンを提供する合弁会社の設立について合意した。両社が11月7日に明らかにしたもの。

 新会社の株式比率はエキサイトが66.6%、NTTレゾナントが33.4%。11月中旬に設立し、同月下旬より営業を開始する予定。社名は未定である。

 新会社では、ディレクトリ型検索エンジンを提供するほか、主な収益源となる検索連動型広告事業を展開する。検索連動型広告は、ユーザーが検索したキーワードやカテゴリーと関連が深い広告を表示する手法で、「費用対効果の高い広告手法として定着している」(両社)。

 ディレクトリ型検索エンジンでは、gooが保有するカテゴリーデータベースに基づいたディレクトリ型検索エンジンを活用する。

 新会社が提供するサービスは、両社が運営するgooおよび「エキサイト」での利用に限定せず、ISPのポータルサイトや携帯電話ユーザー向けサイトでも提供する予定だという。

 「大手ポータルサイトを運営する2社が提携することで、検索連動型広告市場に新たな勢力を形成する」(両社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加