logo

KDDI、ストリーミング向けデータ変換サービス

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月04日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは3月3日、コンテンツプロバイダーや企業の顧客を対象に、ビデオテープなどの映像素材をストリーミング配信用データに変換・編集するサービスを始めると発表した。サービス名は「KDDIエンコーディング/オーサリングサービス」。同日より提供を開始している。

 KDDIは企業顧客から預かった映像素材のエンコーディング(メディア変換)処理ならびにオーサリング(編集)処理を行い、ストリーミング配信用データを作成する。対象とするのは、コンテンツ配信サービスを提供するコンテンツプロバイダー、ホームページやイントラネット上でIR活動・イベントなどを行う企業。

 このサービスにより、「Real MediaやWindows Mediaといった一般的なストリーミング配信用データ、今後ブロードバンドストリーミング配信環境で利用が見込まれる高画質のMPEG-2、au携帯電話のezmovie用データなどを簡単に作成できる」(同社)。

KDDIのプレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]