NTTら3社、FOMAとPC間でテレビ電話サービス

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年01月29日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電信電話(NTT)、NTTドコモ、NTTブロードバンドイニシアティブ(NTT-BB)の3社は1月28日、NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA」とパソコン、またはパソコン相互間でテレビ電話などができるリアルタイム双方向映像通信サービスを始めると発表した。

 商用サービスの開始に先立ち、2月から約2カ月間、一般ユーザーと法人ユーザーのモニターによる試験サービスを実施する。

 これまでは、プロトコルの違いによりIP網とFOMA網の双方向映像通信は困難だった。新たなプラットフォームでは、NTTドコモが開発した変換技術を用いてこれを可能にする。加えて「パソコン相互間通信における高品質化を実現する」(3社)

 具体的には、NTT-BBのブロードバンドサービス、BROBAのプラットフォームに、NTT研究所が開発したインスタントメッセンジャー、そしてNTTドコモが開発したIP網-FOMA網変換技術、セキュリティ機能等を付加する。

 試験サービスは、NTT-BBのサイトにて受け付ける。利用にはBROBAの会員になる必要がある。

NTTグループのリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加