お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、新たなユビキタス利用を提案するホームサーバ製品群「Lui」を発表

2008/04/15 21:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECパーソナルプロダクツは4月15日、デジタルコンテンツやPCの新たなユビキタス利用を提案するホームサーバ・クライアントソリューション「Lui(ルイ)」を発表した。

 第1弾商品として「ホームサーバPC」1タイプ2モデルと、ホームサーバPCを遠隔利用するための小型軽量な専用端末「PCリモーター」2タイプ2モデルを4月24日に発売する。さらに、個人向けデスクトップPCの新シリーズ「VALUESTAR R Luiモデル」1タイプ2モデルも同時に発売する。

 ホームサーバPCは、HDMI端子を装備したテレビをディスプレイ代わりにすることで高性能リビングPCとして利用できる。PC部分とハードディスクドライブ(HDD)レコーダ部分がそれぞれ分離して処理を実行するため、TV番組録画中でもPC部分へ負担をかけることなく長期安定稼働を実現している。

 また「PCオンデマンド」機能に対応し、同時発売のPCリモーターからホームネットワークやインターネット経由で遠隔利用できる。今回は「Lui SX」タイプとして「SX700/1G」と「SX500/1G」の2モデルをラインアップする。

 2モデルはインテル Core 2 Duo T7200(2GHz)や2Gバイトメモリ、320GバイトのHDDなどを搭載している点は共通だが、録画専用HDDと光学ドライブは異なっており、SX700/1Gが約1テラバイトのHDDとBlu-rayディスクドライブを搭載しているのに対し、SX500/1Gでは約500GバイトのHDDとDVDスーパーマルチドライブになっている。価格はオープンだが、同社通販サイトでの価格はSX700/1Gが37万9890円、SX500/1Gが32万9910円だ。

ホームサーバPC「Lui SX」 ホームサーバPC「Lui SX」

 PCリモーターはホームサーバPCをPCオンデマンド機能で遠隔利用するための専用端末となっており、「Lui RN」タイプの「RN700/1C」および、「Lui RP」タイプの「RP500/1C」がラインアップされている。

 RN700/1Cは1280×768ドット表示の10.6型ワイド液晶を備えたノート型端末で、最薄部約15.8mm、重量約649gという軽量薄型設計を実現。CPUはTI DaVinci TMS320DM6446で、IEEE802.11b/g準拠のワイヤレスLANやカードスロッドなどを搭載する。一方RP500/1Cは薄さ約22mm、重量約249gの持ち運びに適した手帳サイズのモデルだ。CPUはTI DaVinci TMS320DM6441で、USB2.0ポート×1などを装備。同社通販サイトでの価格はRN700/1Cが8万9880円、RP500/1Cが4万9980円だ。

「RN700/1C」「RP500/1C」 左から、「RN700/1C」「RP500/1C」

 VALUESTAR R Luiモデルは、Office Personal 2007を搭載する19型ワイド液晶付属のスリムタワー型デスクトップPCだ。インテル Core 2 Quad Q6600(2.40GHz)採用の「VR970/MG」と、インテル Core 2 Duo E4500(2.20GHz)採用の「VR500/MG」の2モデルが用意されている。ホームサーバPCに搭載されている「PCリモーターサーバボード」の内蔵により、PCリモーターからの遠隔利用にも対応している。同社通販サイトではBTOメニューが用意されており、最廉価構成での価格は21万3528円となっている。

「VALUESTAR R Luiモデル」 「VALUESTAR R Luiモデル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社