お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立、従来比約1.4倍の高輝度化を実現した携帯電話用IPS液晶を開発

2007/10/17 19:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ディスプレイズは10月17日、携帯電話用やデジタル一眼レフカメラ用などの高画質小型IPS液晶に搭載している「IPS-Pro」技術をさらに進化させた「IPS-Pro-Prollezza(プロレッツァ)」技術を開発し、従来比約1.4倍の高輝度化を実現したと発表した。

 TFTの画素構造の設計改良と微細加工技術工夫を行い、光の透過率を大幅に高めることで、消費電力を上げることなく、輝度を従来品の350cd/m2から500cd/m2へと約1.4倍に向上。携帯電話用として求められる、高輝度で戸外でも見えやすい高画質液晶を実現した。

 今回、新たに開発された携帯電話用IPS液晶は、2008年1月からサンプル出荷を開始し、2008年度に量産を開始する予定という。

 日立ディスプレイズでは、今回のIPS-Pro-Prollezza技術の開発とともに、微細加工設備などに総額で約86億円の投資を行い、2008年度上期中に現在の生産能力を約20%高め、モバイル用途でのIPS液晶の高い需要に対応していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社