お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ASUS、「Eee PC」を北米で正式発表へ

2007/10/17 16:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これは公式のニュースだ。われわれが8月から動向を追っている「Eee PC」を北米で数週間以内に発売するとASUSが発表した。重さ2ポンド(約907グラム)、7インチ(約18cm)で、LinuxをOSに搭載している。3機種あり、価格は299ドル〜399ドル。

Eee PC 提供:ASUS

 ASUSは北米市場向け製品の仕様を公開していないが、ASUSのグローバルウェブサイトに掲載されている3機種と同じようになると思っていいだろう。ハイエンド「Eee PC 8G」は、8GバイトのSDDを搭載、1GバイトのRAM、Webカメラ内蔵で、バッテリ持続時間は3.5時間。「Eee PC 4GB」は、4GバイトのSDD、512MBのRAM、Webカメラ内蔵でバッテリ持続時間は3.5時間。ローエンドの「Eee PC 4G Surf」はEee PC 4GBにWebカメラがついていない構成で、バッテリ持続時間は2.8時間(SDDが2Gバイト、RAMが256Mバイトのエントリモデル「Eee PC 2G Surf」は、米国では販売されないようだ)。

 製品名に「PC」という言葉を入れているものの、ASUSはEee PCをコンピュータとよばないようにしている。16日に発表したプレスリリースで、ASUSはこの端末を「はじめてモバイルインターネットガジェットを利用するユーザー向けの7インチのガジェット」と表現している。同社は、簡素化したユーザーインターフェースを強調しており、ユーザーは電子メールへのアクセス、テキストメッセージの送信、ファイル共有が容易に行えるという。これにお気に入りのウェブウェアを入れれば、フル機能を搭載したノートPCは不要かもしれない。

 Linuxベースのモバイルインターネット端末「Palm Foleo」の運命を考えると、ASUSのEee PCは注目といえそうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社