お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立のプラズマ普及機が3週連続でトップ獲得、遂に松下の背中が見えた?

2007/03/08 11:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業の独壇場であるプラズマテレビ市場で、日立製作所が健闘して いる。「BCNランキング」の07年2月第2週(2月5-11日)に同社の37V型「W37P-H90」がシェア15.6%で初の第1位を獲得、以降2月第4週(2月19-25日)まで3週連続でトップを走っているからだ。普及モデルで、都内大手量販店での実勢 価格が約16万円と、「価格が安いことで人気を集めている」(大手量販店店員) のが理由のようだ。

 「W37P-H90」は、普及モデルでありながら、ハイビジョンと同じ垂直方向で 1080画素の解像度を持つプラズマパネル「1080ALISパネル」を採用。赤色の発 色を大幅に改善することで、色の再現性を向上させた。

 左右のスピーカー部に独立したバスレス方式の低音用ウーハー1個と中高音 用のミッドレンジスピーカーと高音用ツイータで構成するスピーカーシステム を装備し、総合36Wの迫力ある音声が再生できる。06年の12月第4週(12月18-24日)から1位を維持してきた、松下の37V型普及モデル「TH-37PX60」を追い抜 いて1位に立った。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社