お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:グッバイ、「ロスト・イン・トランスレーション」

2005/10/28 12:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カーネギーメロン大学(CMU)と独カルルスルーエ大学でコンピュータサイエンスの教授を務めるAlex Waibelは、米国時間27日にCMUのピッツバーグキャンパスで、ここで紹介する複数のソフトウェア/ハードウェアのデモンストレーションを行う。ここで利用されている技術は、異なる言語を話す人々の相互理解をはるかに容易にするものだという。以下は「Muscle Translator」と呼ばれるもの。人が言葉を発する際の顔の筋肉の動きを、電極が電気信号としてとらえる。この信号を音声へと翻訳する仕組みになっている。
 カーネギーメロン大学(CMU)と独カルルスルーエ大学でコンピュータサイエンスの教授を務めるAlex Waibelは、米国時間27日にCMUのピッツバーグキャンパスで、ここで紹介する複数のソフトウェア/ハードウェアのデモンストレーションを行う。ここで利用されている技術は、異なる言語を話す人々の相互理解をはるかに容易にするものだという。以下は「Muscle Translator」と呼ばれるもの。人が言葉を発する際の顔の筋肉の動きを、電極が電気信号としてとらえる。この信号を音声へと翻訳する仕組みになっている。
Scroll Right Scroll Left

 カーネギーメロン大学(CMU)と独カルルスルーエ大学でコンピュータサイエンスの教授を務めるAlex Waibelは、米国時間27日にCMUのピッツバーグキャンパスで、ここで紹介する複数のソフトウェア/ハードウェアのデモンストレーションを行う。ここで利用されている技術は、異なる言語を話す人々の相互理解をはるかに容易にするものだという。以下は「Muscle Translator」と呼ばれるもの。人が言葉を発する際の顔の筋肉の動きを、電極が電気信号としてとらえる。この信号を音声へと翻訳する仕組みになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社