お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、MP3で逆襲! 決戦前夜の携帯オーディオ市場

2005/04/08 10:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月6日、ソニーがMP3フォーマットに対応したHDDプレーヤーを投入したことで、携帯オーディオ市場のシェア争奪戦は新たな段階に入った。東芝、松下電器産業といった大手家電メーカーが新製品を投入し市場は活気づいているが、ソニーのインパクトはそれ以上に大きい。携帯オーディオ市場は現在、iPodのアップルコンピュータをはじめ外資系メーカー主導で推移している。「BCNランキング」のデータをみると趨勢は明白(図)。国産メーカーはこの状態から、新製品でどこまで市場を奪還できるのか、その現状と各社の戦略をまとめた。

●“ソニーなき市場”終焉へ

 もともとソニーは携帯オーディオの生みの親。しかも、世界で最初に小型シリコンオーディオプレーヤーを発売したのも、実は彼らだった。1999年発売の初代ネットワークウォークマン「NW-MS7」がそれである。しかし後が続かなか った。ソニーからは新製品が発売されないブランクが続く。その間、海外メーカーの製品がジワジワと市場を奪っていき、最後にiPodの登場が市場のパワーバランスを決定付けた。

【図表と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社