お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

早大と日本IBMなど、ロボットによる株自動売買コンテストを発表

2004/09/15 14:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 早稲田大学、日本IBM、野村総合研究所などは、ソフトウェアを使って株の自動売買を行い、運用成績やアルゴリズムの優劣を競うコンテスト「カブロボ・プログラミング・コンテスト」を開催する。3組織が9月15日に明らかにしたもの。試験的なプレコンテストを2004年11月から1カ月間行った後、本戦を2005年1月24日〜2月25日に行う。コンテストには3名1チームで参加する。参加資格は特に設けない(代表者1名が18歳以上であれば可)。参加料は無料。

 同コンテストは、PC上で動作するソフトウェアのロボット(ソフトウェアエージェント)に株を売買させ、その運用成績を競う。コンテスト期間中、参加者はロボットに指示を出せない。ロボットは、あらかじめ設定されたプログラムに従って自動的に売買を行う。運用成績の上位チームや、ユニークなアルゴリズムのロボットを開発したチームが表彰される。

 ロボットの開発環境は、Linux、Struts、Eclipseなどのオープンソースソフトウェアや、プログラム言語Javaを使用する。初心者には簡易ロボットを提供し、「誰もが参加しやすい環境を整える」(3組織)。

日本IBMのプレスリリース
早稲田大学
野村総合研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社