お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ボーダフォンとシャープ、非接触ICカード対応の携帯電話機を試作

2004/05/06 17:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーダフォンとシャープは、ICカード機能付きフラッシュメモリカードの利用が可能な携帯電話機の試作品を共同開発した。ボーダフォンが5月6日に明らかにしたもの。同電話機はICカード用の非接触インターフェースを備え、カードスロットに対応カードを挿入することでICカードの利用が可能となる。

 同電話機は、メモリカードを差し替えると複数の非接触ICカードの通信方式やサービスに対応できる。例えば、ユーザーが携帯電話機の機種を変更するときでも、メモリカードを差し替えるだけでそのまま元のICカードのサービスを継続して使い続けられる。また、パソコン、PDA、情報家電、カーナビなど、携帯電話機以外の対応情報機器を利用したさまざまな取引や新サービスの利用も可能である。

 両社が開発した試作品は、JICSAP2.0仕様とISO 14443 Type B仕様の2種類のカードに対応している。カードの開発は日立製作所が協力した。

 ボーダフォンでは、世界規模のサービス展開を想定し、携帯電話機およびICカード内の各種アプリケーションについて、各種国際標準規格に準拠する方向性で検討を進める。サービスの商用化に向け、各種関連団体やサービスプロバイダ、システムベンダーなどとも協議/検討するという。

 同社は、東京ビッグサイトで5月11日に開幕するビジネスシヨウTOKYO 2004で、同試作品のデモンストレーションと展示を予定している。

ボーダフォンのプレスリリース(PDF形式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社