お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2003年国内PC出荷実績は前年比2.8%増の1281万台、2年ぶりのプラス

2004/02/26 15:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは2月25日、2003年の国内パソコン出荷実績を発表した。それによると、出荷台数は1281万6511台となり、前年に比べ2.8%増加した。プラス成長は2年ぶりという。

 家庭向け市場は531万台で、対前年比8.2%減。IDC Japanは減少の要因を「2003年前半にSARSや中東情勢など先行き不安な状況になった影響で、回復に遅れが生じた」と分析する。それに対して企業向け市場は、大企業および中小企業の双方におけるリプレース需要の顕在化と、外資系ベンダーを中心とする低価格製品の広告による需要刺激の効果で、751万台(同12.3%増)となった。

 ベンダー別の出荷台数は、1位NECが271万2000台(対前年比1.4%増)、2位富士通が253万6000台(同1.8%増)、3位デルが124万7000台(同29.9%増)、4位東芝が101万6000台(同8.3%増)、5位ソニーが99万9000台(同31.8%減)。そのほかでは、7位に入った日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が対前年比36.1%増の62万7000台と、大幅な伸びを記録したことが目立つ。出荷台数ベースの市場シェアは以下の通り。

  • NEC:21.1%
  • 富士通:19.8%
  • デル:9.7%
  • 東芝:7.9%
  • ソニー:7.8%
  • 日本IBM:6.7%
  • 日本HP:4.9%
  • 日立製作所:4.5%
  • シャープ:2.7%
  • アップルコンピュータ:2.7%

 製品タイプ別では、デスクトップパソコンが617万台(対前年比3.6%増)、ノートパソコンなどを含むポータブル型は626万台(同1.5%増)。「ポータブル型の比率が高い家庭市場が低迷していることと、液晶一体型デスクトップパソコンの増加により、ポータブル型の成長率がデスクトップパソコンより低くなった」(IDC Japan)

 IDC Japanは、2004年の国内パソコン出荷台数を1365万台(対前年比6.5%増)と予測している。

IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社