お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

国内パソコンの出荷台数が11%減

2003/01/24 13:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子情報技術産業協会(JEITA)は1月23日に、2002年度第3四半期(2002年10〜12月期)における国内パソコン出荷台数を発表した。同期間の出荷台数は238万1000台となり、前年同期に比べ6%減となった。

 この結果、2002年通年のパソコン出荷台数合計は前年比11%減の1002万7000台となった。この下げ幅は同協会が統計を取り始めた1997年以来最悪となる。

 「長引く景気低迷の影響を受けて、ビジネス市場、消費者市場ともに厳しい状況が続いている」(JEITA)

 10〜12月期の出荷台数をパソコンの形状別にみると、デスクトップパソコンが前年同期比8%減の106万台、ノートパソコンが同4%減の131万5000台。平均単価はデスクトップが同5%増の16万5000円、ノートが同5%減の16万7000円だった。デスクトップとノートを合わせた平均単価は同1%減の16万6000円。また輸出台数は同1%増えて17万台となった。

JEITAの発表資料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社