お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

パナソニック、4K30p動画撮影に対応したコンパクトデジカメ「LUMIX」シリーズ2機種

2016/01/20 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月19日、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TX1」と「LUMIX DMC-TZ85」を発表した。

 LUMIX DMC-TX1は、1.0型の大型センサを搭載した光学10倍ズームのコンパクトデジタルカメラだ。市場想定価格は8万8000円前後で、3月10日に発売する。

「LUMIX DMC-TX1」
「LUMIX DMC-TX1」

 大型の20.1M 高感度MOSセンサ、広角25mmからの光学10倍ズームF2.8-5.9のライカDCレンズを搭載したほか、4K30p動画撮影にも対応している。

 ライカDCレンズは、非球面レンズや独自の調心技術、全群駆動の新レンズ構成を採用。明るさと同時に画像周辺部までの高い解像感を実現したという。

 秒間30コマで長時間連写できる「4K PHOTO」の機能もさらに充実させ、撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる新機能「フォーカスセレクト」を搭載した。

新機能「フォーカスセレクト」
新機能「フォーカスセレクト」

 LUMIX DMC-TZ85は、世界初の4K搭載、光学30倍ズームに対応した高倍率コンパクトデジタルカメラだ。市場想定価格は5万5000円前後で、2月10日に発売する。

「LUMIX DMC-TZ85」
「LUMIX DMC-TZ85」

 サイズは幅約112.0mm×高さ64.0mm×奥行き38.0mm(突起部を除く)で重さ約282gとコンパクトながらも4K30p動画撮影機能を搭載。LUMIX DMC-TX1と同様に、フォーカスセレクトを新たに搭載した。

 昨今のデジタルカメラ市場はスマートフォンの普及に伴いコンパクトタイプが縮小する中、高倍率ズームや強靭ボディタイプは堅調に推移しており、中高年を中心とした旅行携帯用として根強いニーズがあるという。

 また同日、1.0型MOSセンサ搭載したSIMフリーカメラ「CM10」と交換レンズも発表した。

 交換レンズは、デジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズで採用している「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した「H-RS100400」。マイクロフォーサーズシステムで初めて400mm(35mm判換算800mm)までの超望遠を実現したズームレンズだ。希望小売価格は23万円で、3月10日に発売する。

「H-RS100400」
「H-RS100400」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社