お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows XP SP2は郵便局でも配布:全国約25000局で

2004/09/01 18:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月1日、同社のオペレーティングシステムWindows XP日本語版のアップデートプログラムWindows XP Service Pack 2セキュリティ強化機能搭載を9月2日の0時から同社ウェブサイトにて配布することを発表した(関連記事)。

 同社サイトでの配布は、コンシューマユーザー向けのWindows Updateでの配布(全パッチ未適用のPCでダウンロードする場合には約270Mバイト)のほか、ダウンロードセンターでの配布も9月2日から行われる。Windows XPの自動更新機能によるSP2のダウンロード・システムへの適用は、企業ユーザーがこの機能でクライアント管理を行っている場合に既存システムに影響が出る可能性があることから、開始期日が9月29日に設定された。Windows XPの自動更新機能を停止するツールはダウンロードセンターで9月2日0時から配布される。

 PCや周辺機器、ソフトウェアなどのベンダーのSP2 対応状況は、マイクロソフトのウェブページで確認できる。マイクロソフト Windows本部 ビジネスWindows製品部部長の清水久裕氏は、

マイクロソフト Windows本部 ビジネスWindows製品部部長の清水久裕氏
オンラインでのSP2提供について「まだ一度もWindows Updateを使ったことがない方がおられるのなら、できる限りWindows XPに付いているファイアウォール機能(ICF)を有効にしてからダウンロードしていただきたい」とネットワークセキュリティに対してユーザーの注意を促している。

 OSの脆弱性をねらったウイルスの流布があいつぎ、脆弱性の発見から攻撃コードが公開されるまでの期間も短縮されていることを受け、マイクロソフトはナローバンドユーザー向けにSP2を収録したCDを作成した。CDは9月17日以降に、設置を希望するPC販売店向けにPCの安全対策を説明した小冊子とともに配られ、ユーザーが自由に持ち帰れるほか、雑誌への添付も行われる。また、全国の郵便局でも10月1日から配布される。

 記者会見の席に迎えられた総務省 情報通信制作局 情報セキュリティ対策室 課長補佐の高村信氏は、「SP2がXPの今後のベースラインとなる」と語り、総務省がめざす、ユーザーが安全を簡単に享受できるネットワークの実現に向けてSP2の適用を呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社