お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士通、クライアントからのセキュリティ被害を防ぐソリューションを提供開始

2004/06/03 16:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月3日、PCなどクライアントが引き起こす企業システムのセキュリティ被害を防ぐ「エンドポイントセキュリティソリューション」の提供を同日開始すると発表した。同ソリューションは、許可を受けたクライアント以外のネットワーク接続を禁止することで、機密情報の漏えいやウイルス感染といった脅威からシステムを守る。

 同ソリューションを使用すると、外部利用者が持ち込んだPCや、利用者の運用に任されていたクライアントセキュリティを、システム全体で一元管理できるようになる。セキュリティ修正プログラム適用の状態やウイルスパターンファイル更新の状況を管理し、セキュリティ対策未実施のクライアントをネットワークから隔離もしくは自動更新するなどの対策がとれる。認証されていない利用者のネットワーク接続を禁止することも可能。

 同ソリューションは、顧客のサイトにセキュリティ環境を構築する「セキュリティインテグレーションサービス」と、同等の機能をASPで提供して継続的に管理/運用する「セキュリティマネージメントサービス」と関連製品で構成する。両サービスとも価格は個別見積もりだが、前者は500万円(税別)から、後者は月額30万円からとなる。

富士通のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社