お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、URL短縮サービス「Google URL Shortener」を提供開始

2009/12/15 08:54

 Googleは米国時間12月14日、「Google URL Shortener」(goo.gl)という名称で新たなURL短縮サービスを立ち上げ、新分野へと進出することになった。

 「TinyURL」「Bit.ly」など、既存の普及している他のURL短縮サービスとは異なり、Google URL Shortenerは、スタンドアロン型サイトで利用可能な汎用のURL短縮サービスではない。Google URL ShortenerはGoogleの提供製品に組み込まれ、まずはGoogleのブラウザ用ツールバー「Google Toolbar」とRSSサービスの「FeedBurner」から提供が開始される。両サービスは現在、文字数を少なくしながらソースコンテンツにリンクする短縮されたGoogle URL ShortenerのURLを生成可能となっている。これは、とりわけ文字数が限られるTwitterのような場所で共有するのに大いに役立つものとなる。

 同機能は、Google Toolbar向けに共有ボタンを備えることで利用可能となっており、あらゆる閲覧中のページを数々のソーシャルサービスで共有できるようになる。FeedBurnerとの統合という面では、いまやGoogleは、フィードのオーナーが特定の投稿をTwitterへ自動的にダイレクト投稿可能な手法を提供し、文字数を最小限に抑えて情報の共有を可能にする。

 Googleは、新たに提供されるURL短縮サービスが高速で安定したものであると述べている。同社は、マルウェアやフィッシングのスキームなどを含むページへのアクセスをブロックするため、検索インデックスに採用されているのと同じセキュリティ対策を(Google URL Shortenerでも)講じている。

 Googleは公式ブログに掲載された新サービスの開始を伝える投稿において、現時点ではGoogleの提供製品に組み込まれているものの、最終的にGoogle URL Shortenerがスタンドアロン型のサイトでサービス提供を開始することになる可能性が高いことを明らかにした。こうした機能により、おそらくサードパーティーのサイトもGoogle URL ShortenerのURL短縮を自社製品に組み入れられるようになるだろう。一方、YouTube、Google Maps、Google Reader、Bloggerなど、他のGoogleの提供サービスも、すでに大半で共有機能が統合されており、Google URL Shortenerの新サービスが恩恵をもたらすことになりそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

はじめての家庭菜園

はじめての家庭菜園
お庭やベランダで夏野菜を栽培してみよう

おしゃれなサンダル

おしゃれなサンダル
夏のカジュアルスタイルにぴったり♪

最新デジカメガイド

最新デジカメガイド
最新デジカメ情報が満載!見逃せない

車・バイク用スマホアクセ

車・バイク用スマホアクセ
スマホの可能性が広がる便利アクセサリー

スマホアクセサリー

スマホアクセサリー
ケースや便利アイテムなど続々ご紹介

アウトドアグッズ

アウトドアグッズ
BBQや山登りなど自然の中に出かけよう

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社